ホーム > 中央執行委員長挨拶
中央執行委員長挨拶

中央執行委員長挨拶

サッポロビール労働組合 中央執行委員長 山岸 信行

ようこそ、サッポロビール労働組合ホームページへ。

我がサッポロビール労働組合は、組織理念で掲げる、「組合員とその家族の幸せを実現」することを目指し、約1,700人の仲間で日々活動を行っています。また、2018年10月に開催した定期大会で承認された2019年度活動方針に則り、この1年活動していきます。

1年間労働組合活動を行っていく上で、特に、大事にしたいことがあります。それは、「組合員とその家族のために、組織理念を実現するための活動の担い手は組合員一人ひとりである。」ということです。組合員一人ひとりが、組合員とその家族のためにそれぞれの立場で組合活動に参画することが必要です。私も含め、組合員全員が、組合員とその家族のために1年間労働組合活動に参画しましょう。


2019年度はサッポロビール労働組合にとって大きな節目の年となります。まず、2014年度よりスタートした「サッポロビール労働組合2020ビジョン」の最終年度となります。これまでの5年間を振り返りながら、2020ビジョンで定めたありたい姿「私たちは“全員がプレイヤー”。そう、あなたも。」となるよう取り組んでいきます。組織理念そして、2019年10月には、サッポロビール労働組合は設立70周年を迎えます。先人たちが築いてきたこの歴史を、次の世代へ引き継ぐため、組織力強化や組合員一人ひとりの成長を図り、組織の基盤を固めていく1年にしましょう。

 現状の課題解決に取り組んでいくことはもちろん、未来の労働組合活動にも目を向けながら、1年間組合員全員で労働組合活動を盛り上げていきましょう。


サッポロビール労働組合
中央執行委員長 山岸 信行

このページの一番上へ