ホーム > 中央執行委員長挨拶
中央執行委員長挨拶

中央執行委員長挨拶

サッポロビール労働組合 中央執行委員長 原田 祐也

ようこそ、サッポロビール労働組合ホームページへ。

サッポロビール労働組合ホームページをご覧いただきありがとうございます。2022年度より中央執行委員長に就任した原田と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

サッポロビール労働組合では「組合員とその家族の幸せの実現」を組織理念として掲げ、約1,600名の仲間と日々活動を行っています。また2019年に策定した「VISION2026」にて「もっと前へ、もっと輝く~私たちの手で~」をありたい姿(ビジョン)とし、その実現のため「未来のために」「仲間のために」「自分と社会のために」を活動の柱として、各種取り組みを進めています。2021年10月の定期大会で承認された2022年度活動方針も、3本の活動の柱に基づいて策定しており、組織理念・VISION2026の実現に向けてこの1年間活動してまいります。

さて2021年度も引き続きコロナ禍の影響を受けた1年となりました。今まで当たり前と感じていた対面での活動ができず、歯がゆさや不安を感じている方も多いかと思います。一方、環境変化に対応する形でオンラインの活用は著しく進み、組合活動においても、いつでも・どこでも全国の仲間とつながることができるようにもなりました。これからは、対面での活動の価値を大事にしつつ、オンラインの利点も踏まえた新たな組合活動にさらに挑戦していきたいと考えています。環境変化に対応し、新たな挑戦をし続け、個人・組織が成長することが、「もっと前へ、もっと輝く」サッポロビール労働組合につながっていくと考えます。皆で知恵をしぼり、やるべきこと・できることを1歩ずつ前へ進めましょう。

VISION2026については早くもスタートから3年目となり、折り返し地点を迎えます。2年間でできたこと・できなかったことを確認し、この1年もしっかりと活動を前に進めて行きます。と言っても組合本部だけでは組合活動は進めて行けません。組合員の皆さんの「全員参画」があってこそできることがあります。仲間を思いやり現場から課題の声をあげる、組合活動を通じて新たな挑戦をする、業務では関わることのない組合の仲間との交流を楽しむなど、組合活動参画の方法は様々あります。全員がそれぞれできる組合活動を進めることが組織全体の力となります。VISION2026で掲げたありたい姿に近づけるよう、皆でこの1年も着実に前へ進んでいきましょう。よろしくお願いします。


2021年10月
サッポロビール労働組合
中央執行委員長 原田 祐也

VISION2026

このページの一番上へ